サイトメニュー

精神科に通う場合

女性

注目されている理由と気をつけること

うつ病は、患者数が非常に多くなってきており、今や国民の2割ほどを占めるといわれています。実際にそれほどいないような気もしますが、表面的に病気があらわれないだけで実は自分の周りにもそのような人がいる可能性は高いです。もし自分自身がうつ病になってしまった場合には、学校に行けないことや会社に行けないことが考えられるでしょう。特に社会人の場合には、会社に行けなくなったとすれば生活すること自体が危うくなります。この場合には、障害年金をもらうことで何とか生活をすることは可能です。障害年金が人気の理由の一つは、申請すればお金をもらうことができることです。お金自体は、等級が3種類ありどの等級に該当するかによってもらえる金額が異なりますが、いずれも毎月6万円以上もらうことができます。その程度の金額だと、ぎりぎり生活できるかどうかの金額になりますが、それでも全くお金をもらえないよりはかなり助かるでしょう。しかも、結婚をしていて配偶者がいる場合や子供がいる場合ももらうことができます。配偶者がいて働いていない場合には、いくつか条件はあるものの1年間で22万円のお金をもらうことが可能です。子供がいる場合も、一人当たり1年間で22万円もらうことができます。

うつ病になってしまい障害年金をもらう場合には自分だけでなく配偶者や子供の分をもらうことは可能です。ただこの時気をつけておきたいのはいくつかの条件を満たさなければならないことです。まず子供に関しては、18歳未満の場合にもらうことが可能です。仮に、受給したと17歳の子供がおり、1年後18歳になったとすればその子供に対する需給はなくなるでしょう。これは、子供が18歳以上になればアルバイトをすることができるからです。少なくとも、自分で働くことができる年齢になりますので、受給が打ち切られることになるでしょう。もし子供が二人以上いる場合も、22万円ずつもらうことができますが3人目の子供の場合にはその半分程度しか受給することができません。配偶者に関しては、子供と同じような条件になりますが年齢に関して少し違いがあります。配偶者の場合、65歳未満であることが条件の一つになります。なぜ65歳未満が受給条件になるかといえば、65歳以上になると年金をもらうことができるからです。もし最低年金受給年齢が将来的に70歳になった場合には70歳未満の場合に障害年金をもらうことができるようになるでしょう。後は、配偶者とうつ病による障害年金受給者が同じ家に住んでいることが必要です。